海外旅行に行く場合には、考えておきたい保険の事

kazoku-ryokou

楽しい海外旅行が一転・・・縁起でもありませんが、好事魔多し、人生何処に落とし穴があるか分りません。

リスク対策は考えておきたいものです。

 

海外旅行をカバーするものとして『海外旅行傷害保険』があります。

海外旅へ行くのに、家を出てから家に帰るまでを補償する保険です。

国内の移動中も補償されます。

 

 

総合的に補償されるものでは、旅行中の怪我や病気による死亡・治療・後遺症の他、賠償責任、携行品の損害、救援者費用などが補償されます。

 

保険会社、商品、オプションの選択によって補償内容が違ってきますので、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。

また、補償を受けるにあたって様々な前提条件がある場合もあるのでその点注意が必要です。

 

 

補償しておきたい部分は治療費用・救援者費用・個人賠償責任・携行品損害です。

 

海外で病気、けがで治療を受けた場合多額の費用が掛かる恐れがあります。

 

帰国して健康保険を申請すると保険も使える場合もありますが、日本で治療をしたことを想定して金額を算出しその3割負担となるので、海外で支払った額の7割が戻るとは限りませんし、また現地で現金で全額の支払いをするのはかなりの負担です。

 

また個人賠償責任とは、旅行中に他人にけがをさせたり、他人の物を壊したりしたときに支払われます。

文化や習慣の違う場所で言葉も通じず、頼るものも無くトラブルになった時は大変です。押さえておきたい項目です。

 

 

持っているクレジットカードにも海外旅行の保険が付いている場合もあるので事前に確認しておくと良いですね。

補償金額はそんなに多くなくて、旅行費用の一部などをカードで支払うなどの前提条件があったりするので注意が必要ですね。