どうして、廃車でも買い取れる企業があるのか?

check

廃車買取業者が現在では多くなってきましたがどうして買い取れるのかについて記載します。

まず第一に車両を解体し鉄やアルミといった貴重資源を金属買取店に売却し利益を上げる方法があります。

 

鉄くずではkg辺り10円~20円、またアルミは60円~120円辺りで買取を行っています。

 

廃車から1tも取れればかなりの金額になるため、買い取っても多少なりとは依頼者に還元できるというカラクリです。


次に部品の再利用価値です。車両が古くても事故車であっても全ての部品が使えない訳ではありません。


例えばフロントガラスを交換するだけでも新品を入れ替えれば10万円はかかってしまいます。

しかしこの中古品で再利用できれば、会社にとっての必要経費は工賃のみとなります。


他にも、エンジンやミッション、バンパーからリアまで様々な部品が再利用できます。

国内には廃車広場という、廃車だけが置いてあり、そこに専門業者が来て必要な部品を購入できる施設もあります。

最後に、海外への輸出です。


国産車は海外(特に東南アジアやアフリカ)で需要があり、国内で廃車になってしまった車も現地へ輸出し安く販売するビジネスも盛んになっています。
以上の事が廃車でも買取可能とする企業がある理由となります。

廃車を処分したい場合にはディーラーや中古車店で引き取ってもらう方もいらっしゃいますが、この方法だと、手続き費用やレッカー代、また車両保管料がかかるのでお勧めできません。

値が付くとは思いもしなかったという喜びの口コミもありますので、出来る限りその道専門の業者に処分を依頼される事をお勧めします。

事故車 売る